渋谷とは

渋谷(しぶや:英記 Shibuya)は、東京都渋谷区の地名。

  1. 住所表記としての渋谷、渋谷一丁目から四丁目までで構成される。
  2. 渋谷駅を中心とする地域の総称。前述「1」の地域の他に、「道玄坂」「宇田川町」「神南」「桜丘町」などが含まれる。東京を代表する繁華街のひとつであり、最先端の流行ファッション音楽若者文化の街となっている。
  3. 近年では、渋谷駅から北西にやや離れているものの、個性的な店舗が住宅・企業オフィスの間に点在するエリアが「奥渋谷」(おくしぶや、オクシブ)と呼ばれることもある。地名としては松濤富ヶ谷神山町などである[4]
  4. 東京特別区の一つである渋谷区
  5. 武蔵国の村を起源とする、明治時代以降に存在した渋谷村と渋谷町

概要

新宿池袋と並ぶ3大副都心の一つであり、山手線ターミナル駅を中心とした繁華街が形成されている。若者の街として知られ、「西武百貨店」・「東急百貨店」・「パルコ」・「109」などのデパートや専門店・飲食店などが立ち並ぶ。渋谷駅前には忠犬ハチ公の銅像があり、そのすぐ向かいはスクランブル交差点となっている。かつては歩行者天国を行っていたが、2002年12月28日をもって廃止となった。

渋谷は街路が放射線状に広がり、更に坂や一方通行の小道が多い事から道路拡張は困難で、それら諸般の事情により開発業者は敬遠し、結果として新宿、池袋に比べ街の発展が遅れをとる事となった[5]

1973年(昭和48年)に渋谷パルコが開店してから若者が多く集まるようになり、1975年(昭和50年)以降は新宿に代わる流行の発信地となった。

 

渋谷・公園通り

PARCO劇場(2016年閉場)、クラブ・クアトロ、シネクイント(2016年閉館、2018年移転再開業予定)、シネセゾン渋谷、スタジオパルコなど、ライブハウス劇場映画館が多く、映画祭や音楽祭も開催される。作家性にこだわった個性的な作品を上映する映画館も多い。篠山紀信写真展など多くの企画展を開催してきたパルコミュージアム(2007年閉館)、新しい情報発信スペースのパルコファクトリー、ロゴスギャラリーなどでも、アートから社会性の高いテーマまでを扱った様々な企画展示をしている。「TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ」などラジオ局のサテライトスタジオもある。東急は東急文化会館跡地に都内最大規模のミュージカル劇場を建設する予定である。

ファッション[編集]

1970年代から、PARCO・OIOIの進出やシブヤ109の誕生などで、若者のファッション文化の発信の地として原宿と並ぶ地位を確立していた。1990年代にはギャルブームやメディアに盛んに取り上げられたことで、更に情報発信源として注目されるようになった。百貨店の主たる顧客層の20,30代のOLが大人のファッションをリードし、10代の女性は109やパルコ、路面店などで服を買い求めギャルファッションをリードした。ギャルファッションが男性に波及したギャル男ファッションや、お兄系と呼ばれるファッションも渋谷から広がり、全国区になった。ギャルファッションのイベントとして、渋谷コレクションが知られている。また古着店も多い。

IT[編集]

IT関連のベンチャー企業が駅南の桜丘町を中心に集っており、国土交通省の調査によるとソフト系IT産業の事業所数は、千代田区港区に次いで3位であり、駅別では渋谷駅は、秋葉原駅に次いで2位であった。こうしたことなどにより1999年初、「渋」(bitter)と「谷」(valley)を1文字ずつ英語に訳した “bitter valley”と、情報量の単位の「ビット」から、アメリカ合衆国シリコンバレーになぞらえて「ビットバレー」と呼ばるようになった[17]PC Online?ダイアリー)。

2001年にはGoogle日本法人も渋谷(東急セルリアンタワー)に進出したが、手狭になったことなどから2010年に六本木へ移転。2012年にはAmazon.co.jpが本社を渋谷から目黒へ移した。渋谷地区を基盤とする東急グループは、再開発に合わせてIT産業の再集積を企図。2012年完成の渋谷ヒカリエにはディー・エヌ・エー(DeNA)が入居したほか、Google日本法人は渋谷ストリーム(建設中)への2019年移転を決めた。2019年にはミクシィが渋谷スクランブルスクエア(建設中)へのオフィス集約を予定している。東急はこうしたIT大手の誘致だけでなく、スタートアップ(ベンチャー企業)を支援する東急アクセラレートプログラム(TAP)を2015年に開始した

LINE IDをコピーしました

LINEを開く

友達登録してください